読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブックマーク補完計画

100文字じゃ納まらないコメントを書く

iPhoneの偽物が日本で流通している可能性

なんか、iPhoneの偽物(コピー商品、模造品)が、日本で出回っているらしい。

偽物をつかまされないためには、Apple Storeで純正品を買うしかないな!

Apple Storeで買っても、偽物をつかまされるようなら、日本の流通はもう終わりだよな~w

 

togetter.com

 

SoftBankショップでiPhoneを修理に持ち込んだら偽物扱いされた話 - Togetterまとめ

禿銀行の修理統計データによると、iPhoneの偽物(模造品)発見は「年に2、3回ある」とのこと。iPhoneのコピー品が実在するとして、技術&部材的に作れる企業は、シャープを買収したホンハイ(FOXCONN)以外にあるだろうか?

2016/09/10 10:18

 

SoftBankショップでiPhoneを修理に持ち込んだら偽物扱いされた話 - Togetterまとめ

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/apple2/1471600700/ の続報か

2016/09/10 14:06

 

158 :John Appleseed:2016/08/21(日) 12:18:33.18 id:bGuBESk5
http://imepic.jp/20160821/442020
http://imepic.jp/20160821/442021
アップの仕方はこれで合っていますか?
1枚目がソフトバンクで2枚目がカメラのキタムラです。

 

f:id:smilestyle55:20160821121457j:plain

 

f:id:smilestyle55:20160821121455j:plain

 

興味があるのは、iPhoneの模造品を作れるのか?ってこと。

Appleの下請けでiPhoneを作っているのは、ホンハイなどのEMSだが、企業ぐるみで不正でもしない限り、社員が勝手に模造品を作って持ち出すことは難しいだろう。

 

EMS (製造業) - Wikipedia

製造業におけるEMS(イーエムエス)とは、英語の electronics manufacturing service の略であり、電子機器の受託生産を行うサービスのことである。

 

EMS大手企業の例

・ホンハイ(台湾)
コンパル・エレクトロニクス(台湾)
クアンタ・コンピュータ(台湾)
・Wistron(台湾)
・Pegatron(英語版)(台湾)
・フレクストロニクス(シンガポール
・ジェイビルサーキット(米国)
・New Kinpo Group(台湾)
セレスティカ(英語版)(カナダ)
・シークス(日本)
・ユー・エム・シー・エレクトロニクス(日本)
・Hytera Communications Corp.Ltd(中国)

 

鴻海精密工業 - Wikipedia

鴻海精密工業(こうかいせいみつこうぎょう、ホンハイジンミゴンイェ、台証所:2317)は、スマートフォンや薄型テレビなどの電子機器を受託生産するEMS (英語: Electronics Manufacturing Service) 企業の世界最大手であり、フォックスコン・グループ(鴻海科技集団)の中核会社である。中華民国(台湾)に本社を置く。

 

主な顧客としては、米アップル、中国・小米科技(シャオミ)、米ヒューレット・パッカードソフトバンクグループ、ソニーなどである。アップルのスマートフォンである「iPhoneのほか、ソニー任天堂の各種ゲーム機や、ソフトバンクグループのヒト型ロボットである「Pepper」などをも手掛ける。

 

フォックスコン - Wikipedia

フォックスコン・テクノロジー・グループ(英語: Foxconn Technology Group、鴻海科技集団 / 富士康科技集団)は、電子機器の生産を請け負う電子機器受託生産 (EMS) では世界最大の企業グループである。台湾に本社を構え、生産拠点は主に中国にある。

 

デルやヒューレット・パッカード、アップルといった大手メーカーに、マザーボードや各種コネクタをはじめとした各種パーツのOEM供給、筐体の組み立てを行っている老舗として世界規模の市場では名高い。近年、アップルからの委託で携帯端末であるiPhoneおよびiPad、ヤフーBBからの委託で、モデムの生産を行っている。

 

iPhoneを下請けで製造しているFOXCONN(ホンハイ)は、労働環境が酷いというニュースが印象に残っている。

 

gigazine.net

 

ホンハイの工場では、組立作業員の自殺が多発していたが、改善されたのだろうか?

 

iphone-mania.jp

 

iPhoneを1台組み立てても、4ドルしか儲けられないけど、iPhoneの模造品を1台売れば649ドルの儲けが出る、となると、ずるい奴が模造品を作って儲けようとする可能性はあるだろう。

 

本物のiPhoneを作っている工場で、本物の部品を作って、少しばかり余計に製造する。

もしも、使った部品の数をチョロまかすことができれば、余った本物のiPhoneを自分たちで勝手に売りさばく、なんてストーリーが考えられるだろうか?(妄想w)

 

実際には、部品にもシリアルナンバーの管理とかあって、模造品(中身は本物と同じ)を流通させるには、巧妙な仕組みが必要だろう。

ずる賢い奴が、巧妙な仕組みを考えて、実際に流通させることができるのであれば、日本にもiPhoneの模造品が流れて来ている可能性は、考えられる。

 

今や、Appleの製品は、Apple Store以外でも入手可能だから、どこかに紛れ込んでいるかもしれない。

 

今回のソフトバンクで起きたiPhoneの偽物事件は、まんざら嘘ではないかもしれない。

もちろん、事実であるかも、当事者ではないので、確認する手段がない。

 

このような状況を踏まえて、慎重を期すなら、万が一、日本市場に偽物のiPhoneが流通していたとしても、偽物をつかまされないようにする措置を施しておけばOKだ。

 

話は至って単純で、とりあえずなら、Apple Storeで買えば良いだろう。

Apple Storeに偽物が混入するようなら、Appleの商品管理はダメだということになり、どこで買っても、リスクを回避することは困難だろう。

Apple Storeで買っておけば、万が一偽物をつかまされても、交換対応などがスムーズになされるのではないだろうか?